Spotifyの再生回数を増やす理由

レコメンド機能の評価が高いSpotifyには真の音楽好きが集まっています。一般的なサブスクリプションサービスが提供しているものが「音楽」としたら、Spotifyが提供しているものは「発見」とも言われているほど、インディーズバンドや無名アーティストを発見するのに向いています。
音楽業界の人も同様で、アーティストの勢いや期待値を測る判断材料としてSpotifyの数値をチェックしているそうです。具体的には「月間リスナー数」「再生回数」「フォロワー数」です。特に再生回数はそのアーティストが持つ瞬間最大風速を推し量るのに適しています。あいみょん、Official髭男dismやKing Gnuといったバンドも全ての曲がバズっていた訳ではありません。特定の曲や自信のある曲を伸ばすことでEarly Noise(次にバズるアーティストを支援するプログラム)に選出され、人気に火が付いたのです。
またSpotifyでは再生回数に応じた収益を得ることも可能です。音楽でお金を稼ぐことが難しい時代だからこそSpotifyを上手に使って、夢を叶えていきましょう。

Spotifyの再生回数を増やす方法

ではSpotifyの再生回数はどのようにして増やせば良いのでしょう?ここでは5つの方法を紹介します。
・Spotify for Artistsで分析
Spotify for Artistsでは自分の楽曲のリスナーの年齢や居住エリア、性別、楽曲のプレイリスト入り情報のデータを閲覧することができます。これらのデータを次にリリースする曲の参考にしましょう。

・とにかく目立つジャケットを作る
SpotifyはスマホアプリでもPC画面でも黒を基調とした背景カラーリングになっています。黒い背景に黒い画像があってもクリックされにくくなってしまいます。思わずタップしたくなるようなジャケット画像を設定しましょう。

・再生回数のカウント方式について知る
Spotifyの再生回数のカウントは30秒以上再生されなければカウントされません。クラシックのように雄大に始まる音楽もいいですが、曲の入りでリスナーの心を掴めるような曲作りを心がけましょう。

・楽曲を出すペースも要注意
Spotifyではアルバムやシングル曲を投稿する前に1曲だけ選んで送付する必要があります。Spotifyの公式プレイリストエディターはその1曲のみを聴いてプレイリストで紹介するかどうかを決めています。つまり1年に12曲収録のアルバムを出してもエディターに聞いてもらうチャンスは1回ですが、月に1曲を12回リリースすればチャンスが12回になるのです。なるべく小出しで曲をリリースしてフォロワーを定着させましょう。

・Spotifyの再生回数を買う
最後はSNSMARKET.JPで再生を買う方法です。「ズルをしてるみたい」と思う方もいるかもしれませんが、音楽業界では一般的に行われている手法で、どちらかといえばブランディング戦略の一環です。再生回数を見た時に数十回しか再生されていないアーティストの他の曲を聞いてみたいと思いますか?作曲活動や本業の仕事があれば、目立つジャケット写真の作成もリスナー分析の時間も足りなくなってしまいます。再生回数を買って自身の楽曲を伸ばしましょう。

安心安全のマーケティング

SNSMARKET.JPのマーケティングは、ただSpotifyの再生回数を増やすことだけではありません。メールや電話での事前購入相談、ご利用中のコンサル、ご注文完了後のアフターサポートまでが我々のミッションです。個人のお客様でも法人のお客様でも、上級SNSエキスパート認定資格者があなたに最適なサービスや運用方法をご提案させていただきます。
他社では受けられない充実のアフターサポートもSNSMARKET.JPの魅力です。

注文数量

1,000, 2,000, 3,000, 5,000, 10,000

レビュー

レビューはまだありません。

“Spotifyの再生回数を買う – スポティファイの再生数を増やすならコチラ” の口コミを投稿します

以下をご入力ください。メールアドレスは他ユーザーに公開されません。