0
商品数: 0
小計: ¥0
カートを表示購入手続き
0
商品数: 0
小計: ¥0
カートを表示購入手続き
SNS BOOSTER !(ショップ)

YouTubeで収益化 出来ない人が確認すべきチェックリスト

YouTube で収益化できない人がチェックするべき項目

YouTubeで収益化 されるかどうかはYouTuberを目指す人なら誰しもが一度は目標とする基準でしょう。例えばスポーツ選手でも、プロの選手として認められる基準はクラブチームと契約を結んで年俸をもらったり、スポンサーをつけて広告的な価値があるかどうかというところにあります。YouTuberもまた 収益化 基準をクリアし収益を得ないことにはYouTuberとして生計を立てられません。あくまでYouTubeチャンネルを収益化できるかどうかは一つの基準でしかないかもしれないですが、実際に収益化できている人は全体の10%程度しかいないと言われています。それ程までに収益化基準をクリアするのは難しいことでありながらも、逆にその10%の人たちも元々は普通の一般人でチャンネル登録者数は0からのスタートだったという事を忘れてはなりません。今回はそんなチャンネル収益化を目標にやってきているのになかなか達成出来ていない人必見のチェック項目をまとめてみましたので、収益化できなくてお悩みの方は是非チェックしてみて下さい。またページ最下部にチェックシートもご用意しましたので、必要に応じてプリントアウトしてご活用ください。

YouTubeで収益化 される基準とは

そもそもYouTubeの収益化基準をご存知でしょうか?これを満たさないことにはどう頑張っても収益化の審査はおりません。調べれば出てきますので知っている方も多いのではないでしょうか?

「チャンネル登録者1000人」「過去12ヶ月間の総再生時間が4000時間以上」

この数字を満たしていないことにはそもそもの申請すらできません。

2017年4月に設定されていた条件は「総再生回数が10000回」だけだったのですが2018年2月からこちらの2つの条件となりました。こちらの基準を満たしていないチャンネルは論外ということになりますので、まずはこちらの基準の達成を目指しましょう。

YouTubeで収益化 できない理由:利用規約 に違反している

「チャンネル登録者1000人」と「過去12ヶ月間の総再生時間が4000時間以上」を達成した上で、まだ YouTubeで収益化 の審査がおりない人はYouTubeの利用規約を読みましょう。YouTubeはYouTubeというプラットフォームを一つのコミュニティとして考えています。このコミュニティの一員としてやっていくのであれば、コミュニティのルールに従わなければなりません。このルールは「コミュニティガイドライン」と呼ばれ、違反すると広告枠の廃止や最悪の場合アカウント停止、いわゆるBANされてしまうのです。一度アカウントの収益化が停止されてしまうと、再申請できるようになるまでに30日かかると言われています。そこで重要なのはしっかりとコミュニティガイドラインを理解することです。以下にYouTubeが定めるコミュニティガイドラインで禁止されている項目と解説をまとめてみましたのでご確認ください。

ヌードや性的なコンテンツ

YouTube では、ポルノや性的な コンテンツ を許可しておりません。たとえ自分自身の体であっても、YouTube には投稿してはいけません。男性YouTuberであれば上半身の露出は許されているようですが、下半身は陰部は完全にアウトです。必ず撮影時に隠したり、編集で隠しましょう。美容系の手術や教育関連が目的の露出は認められているようです。性教育YouTuberのシオリーヌこと大貫詩織さんはYouTubeから予告なく収益化が停止されてしまいました。「性的満足を目的とした性的なコンテンツの発信」が原因とされていたようです。

ただし、この件に関しては翌日には収益化が再開されていたようで、異議申し立てをすれば承認されることもあることを知っておきましょう。

 

有害で危険な コンテンツ

他者、特に子どもに対して大けがにつながる危険性のある行為を促すような動画を投稿すると、その程度に応じて年齢制限を設けたり削除されることがあります。

東海オンエアさんの「【一騎当千】武器の中で結局「槍」が一番強い説!」という動画では動画中で最強の武器とは何かを検証しておりますが、安全面への配慮を動画内でしきりに呼びかけたり、編集でモザイクをかけるなどの対策をとっており広告が剥がされる事態には至っていません。

不快な コンテンツ

人種、民族、宗教、障がい、性別、年齢、国籍、従軍経験、性的嗜好や性同一性に基づく差別や暴力行為を扇動することを目的としたコンテンツは投稿してはいけません。

 

暴力的で生々しい コンテンツ

視聴者に衝撃を与えることや世間を騒がせることを目的とする暴力的または残虐なコンテンツを投稿することは許可されていません。ゲーム実況でも同じことが言えます。グロテスクなシーンや血が吹き出るもの、暴力的な発言が含まれた動画には広告がつかなくなるようです。ゲーム実況者のKUNさんの「【超絶悲報】KUN完全終了 広告、制限される【天罰】」という動画では広告が剥がされてしまった時のことについて語っています。

このような利用規約に対して、どうしても誰かを倒したりするようなゲーム実況は難しい立ち位置を取らされています。バトル系のゲーム実況においてそのようなシーンは1番の見どころだからです。対策としてあげられるのは、血が吹き出るシーンは白黒に加工したり、動画の再生速度を上げるなどの編集をしましょう。そうすることで広告がつかなくなる事態は避けられるはずです。

 

スパム、誤解を招くメタデータ、詐欺

動画の視聴回数を増やすことを目的として、誤解を招くような説明、タグ、タイトル、またはサムネイルを作成しないでください。不特定多数に向けたコンテンツ、不要なコンテンツ、または繰り返し部分の多いコンテンツを大量に投稿してはいけません。コラボしているわけでもない有名YouTuberの名前がタイトルに入っている動画も広告が剥がされているようです。ただし有名人や「ヒカル&ラファエル」を「ヒカ&ラファ」のように名前の一部なら問題ないようです。

著作権センター

必要な許可を受けずに自作ではない動画をアップロードしたり、他者が著作権を所有しているコンテンツ(音楽トラック、著作権で保護された番組の一部、他のユーザーが作成した動画など)を自分の動画で使用してはいけません。よくテレビ番組や映画、漫画などの動画を少し編集してアップしていますがテレビ局、出版社、配給会社によって随時削除申請がされますので、避けるべきコンテンツでしょう。

脅迫

略奪、ストーカー行為、脅迫、いやがらせ、恐喝、プライバシーの侵害、他のユーザーの個人情報の漏えいといった行為、また、他のユーザーを扇動して暴力行為に走らせたり、 利用規約 に違反させたりすることも許されていません。

プライバシー

他のユーザーが同意なくお客様の個人情報を投稿したり、お客様の動画をアップロードしたりしてはいけません。人のコンテンツを無断で転載するのはやめましょう。またなりすまし行為も禁止されています。

ここまではYouTubeの利用規約に関することであり、YouTubeというコミュニティに参加する上での遵守すべきルールです。これらの項目が守られていないチャンネルは収益化の審査がおりませんし、仮に収益化されていても収益化が外される可能性もあるのです。動画単体の広告が外される→チャンネル自体の収益化が止められる→アカウントが停止になる(垢BAN)といった具合に処置が重くなり、最悪の場合、刑事的処置が施行されることもありますので、必ず守るようにしましょう。

YouTubeで収益化 できない動画傾向

続いては YouTubeで収益化 がされていないチャンネルの動画傾向について触れていきたいと思います。ただし、独自の調査による動画傾向になりますので、YouTubeが公式に公表していない内容となります。あくまで「収益化審査がおりなかったというチャンネルにこのような動画が多かった」というものであって、必ずしも正しいというものではありませんので、ご了承ください。

釣り動画

YouTubeにおいて、再生回数が多い動画というのはYouTube的に価値が高い動画であるということはイメージしやすいかと思います。しかし、どんなに再生回数が多くても、開始数秒間で視聴を停止されているような動画では見られていないのも同然です。いわゆる「釣り動画」と呼ばれる動画は一度バズることで 再生回数は増えやすいのですが、その後の広告的価値は下がります。サムネイルやタイトルのインパクトだけを重視して中身のないコンテンツは避けるようにしましょう。視聴者にとっての魅力的で有益な情報を届ける動画作りを心がけましょう。

コメントや高評価が少ない

動画のコメントや高評価にも注目です。前半で触れたコミュニティガイドラインに則って動画を作成していたとしても、人を不快にさせ、低評価がつくようなコンテンツ作りはやめましょう。昨今のご時世、様々な人の目に触れる機会があるため、誰も傷つけないコンテンツを作るのはとても難しく、どこに炎上の火種を孕んでいるか予測もできません。中には「荒らし」と呼ばれるようなわざと炎上されることを目的としたコメントを残す輩もおります。それでも「人の役に立つ」「人を楽しませる」ようなコンテンツには高評価がつくものです。動画の最後には必ず、チャンネル登録の依頼メッセージに加えて、コメントや高評価もしてもらうようにお願いしましょう。

音声コンテンツ・静止画コンテンツ

動画中、同じ画像をずっと表示させ続け、音声だけをつけた動画をアップロードしてはいないでしょうか?このような動画は収益化審査に通りにくい傾向にあります。皆さんも一度は見たことがあると思いますが、「画像は同じまま民放ラジオ放送の録音」「漫画の画像をスライドショー」「まとめサイトなどをコピペしただけの文字のみのスクロール動画」などなど、、、このような動画は作成するのが楽なので、動画の本数を稼ぎやすいのですが、YouTubeでは動画コンテンツとしての価値が低いものと判断されています。そもそもこういった動画が著作権を侵害している動画である傾向にあることから、削除の対象となっています。申請すれば広告が復活することもありますが、極力このような動画は避け、オリジナルコンテンツを作成するように心がけましょう。「シトとエドセポネのニューウェーブ」というチャンネルの『【競艇】元やまと訓練生ペラの動画から広告が剥がされた秘密を暴露します』という動画では競艇・ボート系のチャンネルでは最多の7万人近くの登録者数を持つYouTuber「元やまと訓練生ペラ」さんの動画の広告が一時的に剥がされたことに関した仮説が分かりやすく解説されていますので、一度見てみると良いかもしれません。ペラさんの動画は完全にオリジナルの動画なのですが、多くの動画において流れや画角が似たようなものになっていたことがYouTube的に静止画や繰り返しが多いコンテンツと判断されてしまったようです。

 

YouTubeで収益化 できない意外な落とし穴

最後は誰もが思わずやってしまうが本当はYouTube的にNGなアクションをまとめてみました。どんなに 利用規約 を熟読して、オリジナルの動画を一生懸命に作製しても以下の行動が YouTubeで収益化 出来ない原因になっていることもありますので、要注意です。

相互登録、相互高評価を促す行為

YouTubeでは相互で登録を促す行為や、相互で高評価を促す行為は禁じられています。相互登録・相互高評価とは他人のチャンネルに登録・高評価することの見返りとして自分のチャンネル登録・高評価を促す行為のことを言います。そもそも相互登録や相互高評価を促す行為はYouTubeの利用規約に違反していることから最悪の場合アカウント停止に至ります。相互登録で登録者数を増やすメリットは少なく、デメリットばかりです。このような方法で増やした チャンネル登録者 はあなたの動画を見てくれはしません。また、相互高評価に関しても、意味がないと言えるでしょう。コンテンツの質が低くても高評価されているようなチャンネルは現状に満足し、いつまで経ってもレベルアップしていきません。偶然「チャンネル登録されたアカウントを見て、面白そうだったから登録した」というような結果的に相互登録になってしまったパターンに関しては、その後のアカウント同士の関わり方次第としか言えません。つまり大事なのは相互登録という考え方自体をYouTubeは認めていないということを理解しておくということです。

プレゼント企画

「チャンネル登録してもらった方の中から○○プレゼント!」といったキャンペーンは誰しも思いつく企画かもしれません。Twitterなどではよく「フォロー&RTでitunesカードプレゼント」といったツイートが流れてきているのを見たことがあるかと思います。このような企画はTwitterでは容認されていてもYouTubeではグレーとされています。純粋に視聴者に日頃の感謝を込めたプレゼントの企画なら許されているようですが、「チャンネル登録や高評価」を応募条件として、登録者数を稼ぐことだけを目的としたプレゼント企画は禁止されているのです。実際ヒカキンさんの動画ではチャンネル登録、高評価を条件としたプレゼント企画の動画がアップされています。ヒカキンさんほど大物でプレゼント企画以外の動画コンテンツが充実しているなら容認されているようです。

YouTubeで収益化 するためにプレゼント企画の動画ばかりが挙げられ、そのような動画でばかりでチャンネル登録者を増やしている場合、収益化の審査がおりないのことが多いのです。このような方法で増やした 登録者 はチャンネルのファンとして登録したわけではなく、景品のファンでしかありません。企画終了後にはチャンネル登録を外されてしまうでしょう。またプレゼント企画では「やらせ」や「個人情報漏洩」の問題をはらんでいることがグレーゾーンとされている理由でしょう。

平均再生回数

平均再生回数は動画ごとの再生回数の平均値です。仮に審査条件の「4000時間」のほとんどを一本の動画で稼ぐくらいの勢いで再生回数を稼ぎ、他の動画の再生回数は2桁止まりだった場合、このチャンネル自体の広告的な価値は高いとは言えません。一本だけバズった動画があっても、YouTubeで収益化 できるかどうかは別問題なのです。コンスタントに再生回数を稼げる有益なコンテンツ作りを心掛けましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分のチャンネルが YouTubeで収益化 されない理由が判明したでしょうか?最後にチェックシートもご用意したので自分が出来てるものと出来ていないものを可視化して、改善のヒントとして下さい。

YouTubeで収益化 出来ない人のチェックリスト 収益化

 

過去の人気記事「YouTubeチャンネル 収益化の条件と審査を通す方法」

 

 

コメントする

【 広告 】Instagram / IGBOOSTER+

IGBOOSTER+でインスタフォロワーといいねを増やす

IGBOOSTER+とは?

Instagram(インスタグラム)のフォロワーを購入したが効果測定ができない?日本人フォロワーが増えない?その不満を解決する日本初の100%リアルターゲッティングサービスです。もう自動化ツールは時代遅れ。100%返金保証・電話サポートあり。

【 広告 】YouTube / 収益化応援セット

YouTube登録者,再生回数,いいね,高評価,増加,購入,買う,増やす

YouTube収益化応援セットとは?

YouTube(ユーチューブ)のチャンネルを収益化させることは、どのクリエーターにとっても大きい課題です。登録者数1000人以上そして12ヶ月以内の総再生時間が4000時間以上が必要です。その第一ステップの達成をお手伝いする大特価プランです。

【NEW】TikTokサービスを高速に提供中!